国の本年度補正予算成立を受け、稚内開建は補正予算額を公表した。
 真水の補正額は農業農村整備事業の40億4000万円だけ。TPP(環太平洋経済連携協定)関連の政策予算が盛り込まれたことから前年度の4億円の10倍にも膨れた。
 来年度予算の前倒しとなるゼロ国債は道路13億4000万円(前年度補正9億8500万円) 、港湾整備5億3200万円(同4億9900万円) 、空港整備4億8300万円(同2億4100万円)、水産基盤整備8億1000万円(同8億4000万円)、の31億6500万円。前年度補正に比べ4億9000万円の減。
 合計し72億500万円(昨年40億5500万円)。
 本年度当初は107億9500万円だったので総額180億円となり、昨年度総額143億6500万円を36億3500万円上回った。