人権教室

 稚内人権擁護委員協議会は21日、港保育所で人権教室を開き、園児に思いやりの心の大切さなど伝えた。
 年1回、幼稚園児に紙芝居を通して命の尊さなど教えている同協議会の中村祐美子会長から「ぐらぐら森のおばけ」の紙芝居でいじめは絶対にやっていけない、周りの人を助ける思いを大事にしましょう―などと年長、年中の園児23人は人権について教えられた。
 このあと、人権イメージキャラクターの「人KENあゆみちゃん」が登場し園児の質問に答えていた。
 午後からは稚内幼稚園でも開かれた。29日までに8幼保で行われる。