1日遅れで市内小中学校の3学期が始まった。我が家の前は潮見が丘中生徒の登校コースで子どもたちの姿を見、声を聞くと何かしら此方の方も元気が出てくる◆50年ほども前に北小学校、そして稚中に通っていた堆子は休みが終わり級友に会うのが楽しみだった◆先日、内戦状態にあるシリアの女の子がテレビで言っていた「学校に行き勉強がしたい」との言葉が胸に響く。子どもにとって学校というのは掛替えないものであり、どの国の子も平等に教育を受けれるならば世界は変わるであろう。