今冬

 発達した低気圧の影響で宗谷地域は19日未明から大荒れの天候となり、稚内は30㍍前後の暴風が吹き、午後にかけて更に天候が悪化することから、稚内地方気象台は猛吹雪や吹き溜まりによる交通障害、高波などに警戒を呼びかけている。
 19日午前11時までに宗谷岬で1月としては過去10年間で最大の31・7㍍、稚内27・6㍍の最大瞬間風速を観測。稚内は午後から風と波のピークが予想され、最大瞬間風速は陸上、海上ともに35㍍、波は8㍍と大シケとなる。
 雪は午後から降り方が強まり、20日朝までに多い所で30~50㌢。暴風雪や吹き溜まりによる交通障害などに警戒を呼びかけている。
 気象台の予報官は「稚内は19日昼過ぎから雪が降り、暴風雪など20日明け方までは警戒が必要」としている。

「学校は臨時休校」
 暴風雪により19日、市内10小中学校と大谷高が臨時休校した。

「水夢館の屋根剥がれる」
水夢館の屋根
 暴風雪の影響で19日午前8時頃、温水プール水夢館のレジャープール側の屋根の一部が剥がれた。

「道道、市道通行止め」
 19日、道道稚内幌延線、稚内豊富線、稚内空港線は午前7時、道道稚内猿払線は午前8時から通行止め。
 市道富岡23号通り、声問ミルクロードも午前9時半前から通行止め。

「交通機関乱れる」
 飛行機、フェリーは全便欠航、JRは稚内~札幌間のスーパー宗谷、サロベツの運休が決まった。