旭方管内唯一

 交通安全優良事業所表彰に輝いた藤コンクリートの佐藤達生社長は18日、稚内署を訪れ田辺署長に受賞報告した。
 昭和56年から安全運転管理者に選任された以降、長年に亘る交通安全運動などの活動が高く評価され、道内で5事業所、旭川方面では唯一同社が栄誉に輝いた。市内では2年ぶり8社目。
 佐藤社長は「このような賞を頂くことは励みになります。今後も職員一同受賞に恥じないように交通事故ゼロの推進を目指し努めていきたい」と話し、同席した戸倉安管協会長は「交通安全活動に積極的に取り組んでいる会社なので今後も継続して頂きたい」、田辺署長も「これまでの交通安全に対する努力の証。引き続き交通安全に努めて頂きたい」などと述べ、全国表彰を称えていた。