どんど焼き

 小正月の15日、北門神社でどんど焼きが執り行われ、多くの市民が正月のしめ飾りなどを持ち寄り、今年1年の家内安全や無病息災など願った。
 大雪に加え朝の気温が氷点下9度と厳しい気象条件の中、午前8時過ぎから正月飾りや古い御守りなどを持った市民が境内に設けられた焼却場所にやって来ては投げ入れ、立ち上る火柱に祈りを捧げ、今年1年の健康など祈願していた。
 この中には今週末の大学入試センター試験など控えた受験生の姿もあり、どんど焼きを終えたあと社務所で合格祈願の絵馬を購入する姿が見られた。
 40代の女性はどんど焼きを終え「しめ飾りを焼き、今年1年が健康であることを願いました」と話していた。