船霊の日

 船霊の日の11日、沖底漁船などのマストに大漁旗などが掲げられ漁業関係者らが今年1年の安全操業と豊漁を祈願した。
 船霊は航海の安全を願う神で、この日は稚内漁協で船霊祭が執り行われ、関係者が神事に臨んだ。
 第1副港の沖底漁船北船溜りなどに係留している小型漁船などには色鮮やかな大漁旗が掲げられ「豊漁で平穏な年」という願いを乗せてたなびいていた。