工藤市長の観閲点検を受ける署員・団員

工藤市長の観閲点検を受ける署員・団員

2年ぶりのくす玉開きで無火災を祈念

2年ぶりのくす玉開きで無火災を祈念

 稚内地区消防事務組合などによる消防出初め式は7日、市役所前駐車場などで行われ、防災への誓いを新たにした。
 消防署員、消防団員来賓ら200人余りが参した中、工藤市長の管理者受礼で始まり、出動人員報告、工藤市長、伊藤消防長らによる消防隊観閲点検に続き、能任消防団長が「昨年は大きな災害のない1年でした。今年1年は消防署・消防団一丸となって市民の安心安全を守っていき明るい街を目指していきましょう」などと述べ三本締を行い、昨年は強風で中止されたクス玉開きで今年1年の無火災と無災害を祈願した。
 このあと文化センターで式典があり、稚内地区消防事務組合管理者表彰、道知事表彰など消防行政に功績のあった消防関係者68人=本紙既報=に表彰状が伝達された。