地方卸売市場の競り

地方卸売市場の競り

稚内漁協市場の初競り

稚内漁協市場の初競り

 稚内地方卸売市場で6日朝、今年の初競りがあった。シケのため鮮魚は上場されず冷凍魚類のみの取り引きだったが、仲買人らの威勢の良い掛け声が響き今年1年の豊漁を祈願した。
 午前7時から始まり工藤市長が「昨年は大きな漁船事故はなく関係者の安全操業に対する思いの賜。今年も安全第一で操業し水産都市稚内の経済を支えて頂くためにも沖合い漁業の大漁、漁場の安定皆さんの商売繁栄を祈念しております」と挨拶。市場指定管理者の稚内機船漁協の風無組合長が「スケソ、ホッケなどの資源は厳しい状況ですが、これら魚種の資源回復付加価値を付ける取り組みや滅菌海水装置導入で衛生管理強化に努めたい。皆さんの商売が益々繁栄することを祈念します」などと述べた。
 続いて中陳地方卸売市場買受人組合長が「今年1年、船がいつも漁に出て大漁になり、皆さんの商売の繁栄、健康であることを祈念し今年1年間頑張って参りましょう」などと挨拶したあと、早見機船漁協部長の音頭で三本締めがあり、今年の豊漁と安全操業を祈願した。
 シケのため沖底漁船が出漁できなかったため鮮魚はなく、市場にはイカやボタンエビ、ツブ、ハッカクなど冷凍魚類10数箱が並び取り引きされた。
 稚内漁協市場の初競りも鮮魚はなかったが6日午前8時から行われ、買受人らの威勢の良い掛け声が場内に響き渡った。
 関係者80人余りを前に安藤組合長が、昨年10月に発生した爆弾低気圧によるサケ定置網被害や台風23号でのイカ釣り漁の休漁などの不振含め1年間を振り返った中「毛ガニは数量減少したもののロシア政府と交わしたカニ密漁防止協定などで価格が高騰し前年より7000万円増の4億7000万円。ナマコも前年より数量が減少したが近年の価格高騰もあり11億円余りと実績を残した。全体では前年を上回る2229㌧で総額23億9000万円の売り上げがあった。今年も安全安心で新鮮な水産物の供給に向けて職員一同取り組んでいきたい」と述べ、宮本宜之買受人組合長も「食品の安全安心など時代に対応し我々も付加価値を高めていきたい」などと挨拶した。
 工藤市長、武部衆議(代理)の祝辞に続き木村専務理事の音頭で三本締めが行われたあと、冷凍のイカやサンマなどが競りにかけられた。