開建年頭挨拶

 仕事始めの4日、稚内開建の小松部長が職員80人を前に年頭挨拶した。
 小松部長はこの地域は漁業、酪農による食料供給基地、再生可能エネルギーの活用、観光、サハリン州との交流や貿易などの重要さを強調した上で「地域の発展を期する社会資本整備を進めていきたい」とし、今年1年を「各事業での安全の徹底、日頃の健康管理、日々努力の積み重ねが大事。草木が十分に伸び結実に向かうという申年で当部のこれまでの様々な取り組みが伸びやかに立派な実として結実する豊かな1年になるよう祈念します」と挨拶した。

田辺稚内署長訓示
 田辺稚内署長は署員50人への新年訓示で「市民が安全安心して笑顔で暮せる街づくりのため交通事故や犯罪抑止に努めてほしい」などと檄を飛ばした。

赤石振興局長が年頭挨拶
 宗谷総合振興局では赤石局長が人口減少など地域課題の解決に向け取り組む年になったなどと昨年を振り返り「今年は、移住、定住の取り組みや基幹産業の後継者の支援を推進し、自然災害に備えて道路、河川を整備することで安心して暮らせる地域を目指していきたい。また、様々な課題を解決するため、地域住民らの意見を取り入れ反映できるよう努めたい」と年頭挨拶した。

振興局長年頭