再稼働

 昨年11月の暴風によりブレード1枚が落下し修繕作業中のミルクロード沿いにある市水道部風力発電機1号機は年内に再稼働する予定だったが、2カ月ほど遅れることになった。
 11月中旬にデンマークから交換用ブレードが到着し、組み立てや試運転などを行い今月末までに運転させる予定だったが、部品調達の関係で作業が遅れており、16日から再開された作業はクレーンを使ってブレードの回る速度など調整するギアボックスの取り付けをしている。
 市によると、年内はこの作業で終え、年明けに新たなブレードの組み立て作業をし、試運転などして2月中に再稼働させる。