ルースキー

 来年2月の1カ月間副港市場で稚内サハリン館がオープンする。
 今回もユジノサハリンスク市を拠点に活動するアンサンブルグループ「ルースキ・テーレム」が出演する。
 メンバーは8人(1人通訳)で、昨冬からダンサー1人が入れ替わっており、ロシア楽器のバヤンやバラライカなどで伝統的なロシア民謡などの踊りを披露する。
 公演は午後5時、同6時の1日2回。公演後は記念撮影にも応じる。
 昨冬2月の来場者数は前年より200人多い3600人余りで1日平均し約100人。事務局の稚内観光協会は「大手旅行会社のツアーに組み込まれており、多くの観光客や市民の来場を」とPRしている。
 今回も老人ホームなどへの出張公演を検討している。