宗谷総合振興局は、本年度上期(4~9月末)の管内市町村への観光客入込み状況を発表した。
 稚内市37万7300人(昨年度同期35万1600人)、9町村合計108万9800人(同103万1500人)の146万7100人。昨年度同期から6・1%の8万400人増加した。
 昨年は大雨災害などで減少したが、今年は9月の大型連休(シルバーウィーク)もあり回復したようだ。
 道外客は66万4800人(同70万2900人)道内客80万2300人(同68万200人) 。日帰客105万100人(同98万4300人)宿泊客41万2000人(同39万8800人)。
 団体ツアーの減少で道外客は減ったものの、ガソリンの価格の下落によりマイカーでの道内客が増加した。
 地域別(ブロック別)では稚内ブロック81万4500人(道外37万1900人、道内44万2600人、日帰56万5400人、宿泊24万9100人) 、利礼ブロック34万2100人(道外18万1600人、道内16万500人日帰21万1100人、宿泊13万1000人)南宗谷ブロック31万500人(道外11万1300人、道内19万9200人、日帰27万8600人、宿泊3万1900人)。
 外国人宿泊数は、昨年同期と比較し11・6%増の1万2619人中国人団体客が2・5倍にもなった。
 稚内市以外の9町村入込み数。
 ▽幌延町 10万400人(昨年同期9万6000人)▽猿払村 13万4200人(同11万2600人)▽浜頓別町 10万6500人(同10万5800人)▽中頓別町 3万7000人(同4万700人)▽枝幸町 16万7000 人(同17万100人)▽豊富町 20万2600人(同14万9500人)▽礼文町10万4700人(同10万9600人)▽利尻町 11万8700人(同12万3200人)▽利尻富士町 11万8700人(同12万3200人)。