稚内消防署は、11月の救急出動状況を集計した。
 11月は125回出動し113人搬送。前年同月から27回、20人増え今年最多の出動件数を数えた。
 急病78回(前年同月比22増) 67人(同12増)、一般負傷13回(同1減)12人(同2減)交通事故10回(同4増)11人(同6増)、その他転院搬送など22回(同2増)21人(同2増)で不搬送14回(同9増)。
 11月は急病、交通事故が増えたことにより出動、搬送ともに増加した。
 11月末の今年累計は1255回出動し1174人搬送。昨年同期から41回、57人減少している。
 同署では11月中に路面凍結による転倒事故が2件発生し、ともに足など骨折する重傷を負っており、歩行中の転倒と、積雪期による屋根の雪下ろし作業など注意を呼びかけている。