ボウリング

 9日までの障がい者週間に合わせ市と市社協による障がい者スポーツ大会が5日、朝日ボウルで開かれた。
 障がいのある人や福祉団体の職員らが親睦を深める大会には、利用者や市、社教職員のほか高校生ボランティアなど100人余りが参加。「ベストスコアを目指し楽しんで下さい」などと挨拶した工藤市長の始球式で始まり、参加者たちはストライクやスペアを出すたびに友人同士で喜び楽しい一刻を過ごしていた。