中田組に感謝状

 10月の大シケで流出した秋サケ定置網の回収作業に従事した中田組に、市は1日午後、感謝状を贈った。
 10月上旬の大シケにより沖に流された稚内漁協のサケ定置網2カ統が、続いて接近してきた台風23号により航行船にも被害が出る恐れがあり、同社はスパット船のクレーンで網を海上から無償で引き揚げたもの。
 工藤市長から感謝状を受け取った中田社長は「漁業に従事している人たちがいて自分たちの仕事が成り立っている。困っている時のお手伝いは当然のこと。これからも災害時には早急に対応していきたい」と話していた。