滑り止め砂

 朝晩の冷え込みで歩道などがツルツル路面になり、歩行中の転倒事故が増えている。
 稚内消防署によると路面凍結の転倒事故は11月22日と30日の2件発生。40、70代の男性が歩いている途中に足を滑らせ、足や腕を骨折し救急搬送された。
 転倒防止の備えとして、2週間ほど前から滑り止め用の砂を買い求める人が増えているというサニータウンはまなす店では、4~10㌔入りの砂を揃えているが、ここ何日か店頭に並べると直ぐに売れ、買う人は4、5袋をまとめて買っていくという。
 2日の日中最高気温は4度、3日は5度と暖かい一方、朝晩は氷点下まで下がる。
 同署は「この時期は転倒事故が多くなる。道路を歩く際は注意して下さい」と呼びかけている。