4年前の夏、市立病院で生まれた孫は生後すぐ重い病気にかかり札幌の道立病院に運ばれました。身体中チューブだらけで抱いてやることも付き添うこともかなわず、夜、たった1人で稚内空港から防災ヘリで飛び立った孫が不憫で泣きながら見送りました。札幌の病院では治っても歩くのは難しいと言われましたが、数ヵ月後、奇跡的に回復し、今も治療は続いているものの元気に幼稚園に通っています。あの時、市立病院の先生方が他の医療機関と連携し迅速に対応して下さったお陰と深く感謝しております。多くの市民は市立病院を頼りにし信頼し診て頂いています。大変でしょうが汚名返上で頑張って下さい。(60代女性)