北斗LC養護学校生

 稚内北斗ライオンズクラブは26日、養護学校の寄宿舎の子供たちを招き、食事をするなどして交流した。
 養護学校との交流は11年前から行われており、温泉童夢に連れて行くなどしていたが、「街に買い物に出たい」という子供たちの願いを叶えるため、4年前からは付き添って街に出掛けている。
 貸し切りバスに乗り西條稚内店でショッピングしたあと、サンホテルで会員と子供たち30人余りが食事しビンゴゲームをするなどし交流した。
 山本慎吾会長は「毎年、子供たちがショッピングなど楽しみにしているのでこれからも継続していきたい」と話していた。