最終日

 冬の交通安全運動最終日の20日夜、稚内署はオレンジ通りで飲酒運転根絶の街頭啓発を行った。
 昨年、冬の交通安全運動最終日の11月20日に、栄3の市道で高齢者4人が死傷する飲酒運転が原因の交通死亡事故が起きており、同署では運動と合わせて独自の取り組みとして啓発活動を実施した。
 参加した署員や宗谷総合振興局、稚内地域交通安全活動推進委員、安協の関係者10人は、これから忘年会シーズン本番を迎えることから啓発用のチラシを配り「飲んだら絶対に運転しないで下さい」などと呼びかけ飲酒運転根絶を訴えていた。