プロの演奏

 稚内出身でプロのサクソフォーン奏者として日本、海外で活躍する浅利真さん(39)が12日、老人保健施設ら・ぷらーさを慰問し、お年寄りたちにジャズなど音楽を楽しんでもらった。
 昨年5月、稚内に里帰りした際、友人の佐々木朗さんが勤務する同施設を慰問することを約束して実現されることになった。
 入所者、デイケアのお年寄り50人を前に、浅利さんはアルトサックスで「聖者の行進」「ムーンライトセレナーデ」などのジャズを披露。モダンな雰囲気の曲にお年寄りらも体を揺らしたり手拍子で応えていた。
 今月誕生日のお年寄りには浅利さんのソロアルバムがプレゼントされるなどし楽しい一刻を過ごしていた。