稚内外国人観光客誘致受入実行委員会(事務局・稚内観光協会)などは23~26日までの日程で台湾を訪れ旅行会社などに稚内の観光をPRする観光プロモーション活動を行う。
 台湾からの宿泊数は24年2800人、25年3300人、26年3800人と増加しており、今年も新千歳や旭川空港との直行便を利用し上期(4~9月)だけで2000人ほどが訪れている。
 これまでの送客に対する御礼と、来年度も継続した送客、更なるツアー造成の要請などのため遠藤副会長、ホテル、フェリーなど関係者10人余りが現地の航空会社と旅行会社13社を訪問する。
 瀬川事務局長は「ツアー客だけでなく、年々増加している個人客向けの観光情報などPRし誘客に繋げたい」と話していた。