無料塾

 稚内北星大学で将来教員を目指す学生が小中学生の学習を支援する無料塾が10日、中央アーケード街のまちラボで開講した。12人の子どもが参加し学生から勉強を教わった。
 教員を目指す学生の指導力向上に―と教職ゼミに所属する2~4年生の13人の学生が先生役になり、毎週火曜日午後3時半から1時間半、子どもたちの学校の宿題など手伝う。
 この日は東学童保育所に通う児童らが訪れ学生4人から算数や国語の宿題などを教わった。東小2年藤井史芭君は「お兄さんたちが優しく教えてくれて、とても楽しかった」と喜んでいた。
 塾長を務める3年生の上浦真之介さんは「席が全て埋まるほど参加してくれて嬉しい。子どもたちとの時間は貴重な経験になります。勉強が楽しくなるように教えたい」と話していた。