各方面

 文部科学省から土曜推進事業モデル校に指定されている稚中で7日、大谷高教員らを招いた特別授業が行われた。
 5月から月1回、国語、数学など各科目を生徒同士で教え合うなど土曜授業に取り組んで来た。
 今回は大谷高の教員はじめ様々な団体による特別授業があり、1年生は稚内人権擁護委員協議会のデートDV講座、2年生は理科で地震と液状化現象の実験も交えて学んだ。
 3年生の英語の授業では、基本的に会話のやりとりを全て英語で話すオールイングリッシュ指導が行われ、生徒が英会話を出来るようにと真剣に取り組んでいた。
 稚内吹奏楽団の演奏会もあり、今年8月の全道コンクールで金賞を受賞した「スクーティン・オン・ハードロック」などの演奏に感激していた。