テロに

 稚内港国際テロ対策合同訓練が6日午後、中央埠頭で行われた。
 水際での危機管理体制で連携を強化する訓練には、稚内海保、稚内署、市など8機関50人が参加し、コルサコフ港から稚内港に向かうフェリーに、テロリスト数名が乗船している可能性があるとの想定で始まり、海上ではフェリーの稚内港接近に伴い洋上警戒中の巡視艇「きたかぜ」が港内に進出してくる不審船を発見、銃撃戦のうえ海保が制圧したとし、陸上では入国管理局で偽造パスポートを所持する外国人を発見し連行。手荷物のバッグから爆発物らしき物件を発見し警察による爆発物の処理訓練=写真=が行われた。
 訓練終了後、稚内港国際テロ現地対策本部委員長の鈴木市建設産業部長は「最北の港に侵入者を入れないため今後も関係機関と連携を図り北の港の保安維持に努めていきたい」などと述べた。