機会

 東京稚内会と市教委主催の「ふるさと・子ども夢プロジェクト」は28日、南中と大谷高で開かれ、生徒たちは故郷の大先輩からの体験談を将来の参考にしていた。
 中学・高校と稚内で過ごした光ファイバー技術の第一人者で東京都市大学名誉教授の徳田正満工学博士(71)が講師になり大谷高で開かれた講演会には236人の全校生徒が参加。徳田さんは「光ファイバーの開発から世界へ」と題し、光ファイバーケーブルの実用化に向け研究してきた苦労話などした。
 徳田さんは「苦手なことでも一生懸命努力すれば克服できるので誰でも人生にチャンスがありチャンスに遭遇したら逃げないで挑戦してほしい」と呼びかけていた。
 徳田さんの講演は29日にも稚中と稚高であった。