稚内北星大学は、財政基盤強化を図るため市内の企業や法人を対象に寄付額の金額が損金扱いになる受配者指定寄付金を募集している。
 日本私立学校振興・共済事業団の審査を経て実施しているもので、これまでは学校法人への寄付金の損金算入は一部しか認められていなかったが、同事業団が窓口となっている制度を利用した場合、寄付金全額が損金に算入されることになった。
 寄付の手続きは、企業・法人が同事業団へ学校法人稚内北星学園を受取人に指定して申し込み、同大学が後日事業団へ寄付金配付申請を行う。
 募集期間は来年3月末まで。寄付金は教育研究に要する経常的経費に充てる。募集総額は定めていないものの1000万円を目標にしている。詳しくは大学32-7511。