瞑想

 富士見5の龍海寺で24日夜、癒しの坐禅会が開かれた。
 宗派を問わず市民誰でも参加でき今回で8回目の坐禅会には、20代~70代までの市民60人余りが参加。僧侶から読経、坐禅の説明を受けたあと本堂で姿勢を正し40分間瞑想した。
 ロウソクだけが灯される中、森の中にいるような癒しの音楽が流れ、坐禅を組んだ市民は心と体をリフレッシュさせていた。
 坐禅の前には40人ほど参加しヨガ体験をした。
 佐々木邦洋代表は「これまでで最も多い参加がありました。今後も続けていきたい」と話していた。