全道1

 先に札幌で開かれた宿泊施設の朝食日本一を競うコンテストの北海道地区予選で、札幌市内のホテルに勤務する稚内出身の片山雄介さん(33)が調理した朝食メニューが優勝した。
 楽天トラベルが主催し21日に開かれた大会には、インターネットで投票が多かった上位5番目までのホテルシェフが出場し調理した2品の味覚や独創性などで審査した。
 シェフ歴10年余りの片山さんは、道産品の食材をふんだんに使い北海道をイメージした白いプリンと、ご飯入りの薬膳スープを調理し「朝から身体を目覚めさせる素晴らしい朝食」と審査員から評価を受け優勝した。
 道代表として11月18日の全国大会の出場を決めた片山さんは「優勝は本当に嬉しい。北海道代表として恥じぬよう頑張ります」と闘志を燃やしている。