プロ野球のドラフト(新人選手選択)会議が一昨日あった。ソフトバンクとヤクルトとの頂上決戦日本シリーズを前にし、更には今年はジャイアンツ3選手の野球賭博関与が暴露されるという騒ぎの最中であるが、指名された高校生や大学生らは堂々としたものであり、皆一様に一流選手になるんだという夢を屈託なく語り清々しさを感じた。
 戦力均衡を目的に行うようになったドラフト会議だが、高校生と大学生を分けたり選手側からの逆指名があるなど紆余曲折を経て現在の形となり、この間ジャイアンツへの戦力と人気の集中が分散されたこともあり当初の狙い通りになってきているようである。
 ジャイアンツにしてみればドラフトによって逸材獲得が思うように行かなくなり人気も凋落し正に踏んだり蹴ったりの状況にあるが、時代の流れであり致し方なかろう。
 筆者も子どもの頃はジャイアンツファンであったが、社会に出て世の中が少し分かるようになってからはジャイアンツ一辺倒でなくなり、そのうち日本ハムが札幌にフランチャイズを置いてからはファイターズなくして野球を語れないほどのファンになってしまった。
 日ハムの今年のドラフト結果は1位指名で2度相手に負けるなどしたが、手薄な左ピッチャーを獲れたことは収穫であろう。この数年、ドラフトでいい思いをしてきただけに一服というところか。
 今宵からは日本シリーズが始まる。ソフトバンク優勢のようだが短期戦だけに勝利の女神はどちらに味方するのか。日ハム出なくてもTVに釘付けかな。