多角的

 宗谷総合振興局主催の食クラスター・6次産業化合同セミナー「輝け!宗谷の食セミナー」は23日、宗谷合同庁舎で開かれ、6次産業化への取り組みについて学んだ。
 食品製造業などから約20人が参加した中、田畑産業振興部長が「管内は豊かな水産、農業の素材を持っているが、販路拡大などに課題がある。セミナーを通して食産業の発展に努めて頂きたい」と挨拶したあと、道6次産業化サポートセンター企画推進員の須川清一さん=写真=が「道内酪農家の6次化事例に学ぶ」と題して講演した。この中で現在の消費者の食に対する考えは多様化し高齢者が多いことからもヘルシー食品などにニーズがある。農業に関しても訪日外国人観光客が増加する中、農業体験したいとの要望も多数あるがPRが上手く出来ていない―などとし「ビジネスチャンスには様々な視点から見ることが必要」とアドバイスしていた。
 続いて札幌丸井三越丸井今井札幌本店小型店グループ道産品統括バイヤーの松本泰治さんが「小売店での商品提案に向けて」と題して講演した。