ハエ

 ノシャップ1の産業道路周辺でハエが異常発生し、地域住民を悩ませている。
 今月上旬の爆弾低気圧などにより海が荒れたことで、前浜に溜まったコンブなど海草の中から発生したようで前浜だけでなくコンブの干場など広い範囲で大量に確認された。
 漁具など保管している倉庫の壁が黒くなるほど張り付いており、漁師の男性は「数日前から急に出始めた。コンブを干すにも顔にまとわりつき仕事にならない」、別の人は「車で走っていると窓にバチバチ当たる」と渋っ面。
 駆除のため殺虫剤を散布した市の担当者は「夏に駆除依頼はあるが秋には余りない」と話していた。