椎茸

 稚内市森林組合が販売しているホダ木が実りの秋を迎え、食べ頃のシイタケが生えるようになった。
 ナラの間伐材を使用し昨年の春、シイタケ菌を植えたホダ木は、今月10日過ぎから少しずつ実を付け始めている。
 身が厚く食べ応えも十分で、大きいもので10㌢以上に成長したものもあり、「管理によっては5年近くでシイタケが育つので自宅でバター焼きや素焼きなどで味を楽しんでほしい」と担当者。
 ホダ木は約500本あり、1本760円で販売している。