納屋撤去

 今月上旬の爆弾低気圧の影響で、倒壊した納屋の撤去作業が行われている。
 30~40㍍の最大瞬間風速を観測した2日、富士見地区の北海組では納屋1棟が倒壊。11月にはカスベの納屋掛け作業を行う予定にあるが、建て替えは行わず安全面を考え取り壊すことにした。
 22日午前中は従業員が溜息混じりに倒れた丸太を集めていた。