再稼働

 昨年11月3日に起きたミルクロード沿いの風車羽根落下事故を受け、運転を停止している稚内公園の風車の点検作業が行われている。
 市(エネルギー協働課)によると、昨秋から1年間停止しており、これからの再稼働に向けた点検作業で21日にはナセルと呼ばれる機械室などに入り、機器の点検、ブレードが安全に回るかなどチェックしていた。
 この風車は北電に電気を送る系統連携システムに不具合があることが判明し停止したままになっているが、近く不具合が判明した装置の部品の交換作業をしたあと再稼働する予定にある。