稚内漁協の今年3回目のコンブ入札会は20日午後に開かれた結果、成昆布1等が1駄(15㌔)平均し稚内前浜、声問とも8万円の大台に乗った。8万円台は一昨年のコンブ不漁年以来のことで、安藤組合長は「全道的に数量が当初予想より大幅に落ち込んでおり価格が上昇している」と話していた。
 上場数は今年最多の4800駄・個。
 4回目、今年最終の入札は11月中旬に行う予定。
 入札結果次の通り。1駄当たり平均価格。
 〈稚内〉▽成昆布1等 8万685円(昨年3回目対比8・2%高)▽同2等 5万9685円(同1・3%高)▽同3等① 4万9635円(同11・8%高)▽同② 4万2439円(同10・8%高)▽同4等 3万4879円(同18・2%高)▽加工用1等 2万347円(同12・4%高)▽同2等 1万7775円(同6・8%高)。
 〈声問〉▽成昆布1等 8万1885円(同10・3%高)▽同2等 6万2685円(同6・4%高)▽同3等① 4万9485円(同13%高)▽同② 4万4040円(同15・5%高)▽同4等 3万5835円(同6・2%高)▽加工用1等 1万9262円(同5・3%高)▽同2等 1万7820円(同7%高)。