稚内署前の目抜き通り国道で車同士が正面衝突。大した事故にならなくって良かった◆北に向かっていた女性が気分悪くなりハンドル操作誤り反対車線に入ったようだ。稚内署の前には南北ともに信号がありスピードが出る所でなかったので大事故に至らなかったか◆普段から口酸っぱく言い書いてもいるが車は走る凶器である。子どもが自転車乗るように安易な気持ちで運転するものでなく、車の陰から家の陰から人が飛び出して来るぐらいに神経質なほど臆病な方がいいようで、決して〝絶対者〟にならぬよう。