まだ続く

 去る2日の爆弾低気圧により稚内森林公園内などにある樹木が大きな被害を受け、管理する稚内市シルバー人材センターが対応に追われている。
 暴風の影響で公園内にあるヤナギ、ナナカマド、マツなど100本ほどの樹木が倒れたり、今にも倒さそうなものが見付かった。
 同センターでは、森林公園に行く道沿いの倒れかかっている木をチェーンソーで切ったり、枝切りなどの作業を行っている。
 作業していた男性は「冬への準備をしたいところだが、木を切る後始末で毎日忙しい」と話していた。