見事

 恵比須1の主婦、米田和子さん(65)が第90回道展の油彩の部で入選した。16回目。
 北海道美術協会など主催の道展には日本画油彩、水彩、工芸など6部門で568点の応募があり270点入選した。
 油絵歴30年以上の米田さんの入選作は「微風」(130号)。モデルの女性とロシアの民族楽器バラライカ、骨董品の蓄音機などから音と風をモチーフにした作品。
 今回はこれまでの作品と違い描き方を変えたので改めて初挑戦することが多かった―と約4カ月の創作活動を振り返った米田さんは「90回目の道展は若い人が大賞を取り刺激をもらいました。主婦をしながらの創作ですがこれからも勉強だと思い出品を続けたい」と坦然と語りながらも意欲を燃やしていた。