国体クレー

 2~4日まで神奈川県伊勢原市で開催された第70回2015紀の国わかやま国体のクレー射撃競技で佐藤堅司さん(51)=萩見4=と寺本充幸さん=(38)下勇知=がメンバーの北海道代表チームが8位入賞を果たした。
 自身7度目の国体出場で、昨年の熊本大会に続いて3回目の監督兼選手の佐藤さんと初出場の寺本さんは、クレー射撃スキート部門に出場。全国から96人の強豪選手が出場した個人戦では、2人とも15位~27位までの選手の合計点が並んだことから最終4Rラウンドの得点差で、寺本さんが16位、佐藤さんは26位だった。
 3人1組の団体戦では、帯広から出場した選手の合計点を合わせて234点だったため32チーム中8位に入賞した。
 北海道チームのスキート部門入賞は、一昨年の東京大会から3年連続。
 佐藤さんは千葉大会と昨年の熊本大会含め3回目の入賞で稚内勢2人揃っての入賞は初めてになる。
 大会を振り返り佐藤さんは「選手一人ひとりが頑張ったことで団体入賞を手にすることが出来た。来年以降も入賞を目指して頑張りたい」、寺本さんも「初めての国体で緊張しましたが8位入賞することができ嬉しかったです。来年は個人戦入賞を目指したい」と話していた。