台風23号

 台風23号が本道に接近している影響で、稚内地方は8日午後から夜にかけて荒れた天候になり暴風などに警戒が必要だ。
 稚内地方気象台によると、ピークは午後3時頃から午後9時にかけてで、陸上で23㍍、海上で25㍍の非常に強い風が吹き最大瞬間風速は35㍍に達する。海は7㍍の大シケになり宗谷南部を中心に多い所で1時間に30㍉の激しい雨が降る。
 8日深夜には暴風警戒から注意報に変わるが、9日も陸上で15㍍以上の風が吹く。
 この影響で利礼航路は第1便を除き往復16便、空の便は全便欠航、JRも午後からの特急、普通列車とも上下全便が運休した。