宗谷海峡で日ロ洋上会談開かれ、毎年問題になるオ海での漁具被害なく、ロシア側は取締りの成果と胸を張ったよし◆この数年は厳しくなったが袖の下でお座なりの取締りをしてきた警備当局にとって矢張り一番恐かったのはプーチンであり、被害ゼロというのはオ海に密漁のロシア船が出没しなかったということであろう◆裏返すと、それだけ協定前は密漁が横行していたということになるかな◆洋上会談は休むことなく続けることが大事であり日ロ関係が劇的に変われば先導役を務めたということになろう。