稚内には幾つの町内会があるのだろうか。その中の一つ緑第二町内会が創立40年を迎えた。
40年前といえば昭和50年のことで底曳きの200㌋前であり人口もピークの頃だったろう◆町内会というのは地域から出る議員同様、地域住民の意見や要望はたまた苦情など聞く役柄にあり、何といっても葬式で何かと世話になるのだが、稚内にも斎場ができ、その役割は薄れてきていると言われる◆しかし町内会は葬式のためにある組織でなく、住民の生活と福祉向上のため存在すること忘れないようにしたい。