暴風なんの

 サロベツファーム(豊富町芦川)の第25回美食しんぼまつりは3日から始まり、暴風明けながら常連の人たちらで賑わい、ファーム自慢のハムやソーセージなど買い求め、カラオケや大黒ひょっとこ踊りなど催しを楽しんだ。
 停電の復旧が遅れ準備が遅れたが「台風一過」のような天候に恵まれたことから午前10時過ぎには続々と人が訪れ、ハムなど畜産品、玉ネギなど野菜を買い、工場までの両側に軒を連ねた飲食や木工品など屋台で時間を過ごしイモや玉ネギ、パン拾いを楽しんだ上に、ひょっとこ踊りに心を和ませた。
 生ラム丸焼きには人が並び焼き立ての味に舌鼓を打っていた。
 4日もラム丸焼きが10時半から始まりカラオケ大会、サロベツ豊富太鼓(11時)、稚内フラシスターズ(正午)ほか、景品が当たるパンまき(午後3時)イモ・玉ネギ拾い(午前と午後の2回)など盛り沢山の内容で繰り広げられる。