稚内東部新社長

 新港町の稚内東部は1日、巽冷凍食品とニッスイと共同で事業を継続することを決め、新社長に巽昭氏(61)=写真中央=を選任した。
 77歳の喜寿を迎えた仲村房次郎前社長=写真左=が今後の経営について、巽冷凍食品、ニッスイと話し合いを重ねてきた結果、稚内東部の株を巽冷凍食品に4割、ニッスイに6割譲渡することで合意した。
 1日午後、サンホテルで引継ぎなど終え記者会見した巽新社長は「仲村社長の人格からも稚内東部を残す必要があると思った」とし、小林雄二執行役員(ニッスイ水産事業副執行役員)は「10年以上前から主力のシャケフレークの委託製造先であり、主力商品の拡大など目指したい」と話していた。
 相談役となった仲村前社長は「2社が快く引き受けてくれた。これからも続けていけることに感謝したい」と話し、稚内東部には暫く残るという。