15赤い羽根

 1日からの全国赤い羽根共同募金運動を受け全日空の赤い羽根・空の第1便が1日午後の東京便で稚内に到着。厚生労働大臣と中央共同募金会会長のメッセージと赤い羽根が工藤市長らに渡された。
 東京直行便が就航した昭和62年から行われている赤い羽根伝達式は、客室乗務員の上野晴香さんが塩崎厚生労働大臣、稚内空港旅客係員の田中美佳さんが斉藤十朗中央共同募金会会長の「人間性豊かで思いやりのある福祉社会を実現するためにも今後も力強く展開されることを願っております」などとのメッセージを代読し、工藤市長、菊池稚内市共同募金委員会副会長に赤い羽根が手渡されると共に2人の胸に赤い羽根が付けられた。
 稚内市共同募金委員会では、12月末までの運動期間中、587万5000円を目標額にし市民に協力を呼びかけていく。