稚内北星大学は、道内各地の学生確保に力を入れるため10月から札幌などで大学の知名度を上げるPR作戦を展開する。
 札幌では10月1カ月間、市営地下鉄の南北東西線の全車両に帯広告を掲載し、通学で利用する高校生らにPRすると共に、道内の高校177校には進路指導室などに同大から資料や願書など請求できるハガキなど配布物を置き、学生確保に力を入れる。
 稚内だけではなく札幌圏を中心に入学生を確保していきたいという金森常務理事は「地下鉄でのPRで北星大学の知名度を向上させ学生を確保したい」と話していた。