琴

 稚内雅道会主催(本社など後援)の琴コンサート「Kotoin稚内2015」は13日、文化センターで開かれ、聴衆300人が琴の音色を楽しんだ。
 札幌の琴エスワールドミュージック院長の下村道子さんをリーダーに琴アンサンブル「アルメリア」の結成20周年を記念したコンサートには、アルメリアをはじめ稚内雅道会、筝・koto会など5団体から28人が参加。叙情歌、アニメソングなど多くのジャンルに亘って発表した。
 4部構成のコンサートは、稚内市民ら混合の25人による「ふるさと」の演奏を皮切りに「もみじ」、「荒城の月」など発表があり、琴のオーケストラに拍手が送られていた。
 アルメリアの発表では、稚内フラシスターズ&鎌田弥聡、宗谷ダンスプロジェクトとの共演もあった。