秋観光

 秋の行楽シーズンに入り、市内の観光地はツアー客で少しずつだが賑わい始めている。
 9月に入って秋観光で道内入りする関東、関西方面からのツアーが多くなっており、12日午前中、稚内公園には東京、大阪などから来た観光客を乗せたバス4台が停車し、公園内の氷雪の門など30分ほど見学していた。
 宗谷バスの運転手によると、夏に比べツアー料金が安い秋観光で稚内入りする団体は徐々に増えており多い時で10台にも。大手旅行会社企画のツアーは稚内で2日ほど宿泊し市内や離島観光しているという。
 静岡から訪れたという50代男性は「寒くて驚いた。木も紅葉しており秋ですね」と。