すいかまつり

 市少年科学館とノシャップ寒流水族館合同の「すいかまつり」が12日から始まり、親子連れが様々な催しを楽しんでいる。
 子供たちに科学や魚などに関心を―と年1回開いているもので、空気圧鉄砲の的当て、ペンギンやクリオネが描かれたプラ板作りなど賑わっていた。
 空気の力で浮くホーバークラフト=写真=を体験した潮見が丘小4年生の北野彩結ちゃん(10)は「不思議な感覚で楽しかった」と話していた。
 13日も午前10時から開かれる。